読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラハリの夜明け - Masa a Kgalahadi: Dawn of Kalahari -

ボツワナにJICA SVとして派遣される記録

映画を観てきました

映画を観てきました。

午前中に懸案だった戸籍抄本が届いたので、郵便局で事前提出書類を発送したら、本日は明日の荷造り(カンボジア旅行)意外はミッション完了です。

周囲で評判が良い新海誠アニメ「君の名は」を観にいってきました。

f:id:masataka2600:20160901175843j:plain

劇場は横浜市営地下鉄センター北駅最寄りのイオンシネマ港北で、昼過ぎの上映だったのですが、7割ぐらいは人が入っていたでしょうか、高校生ぐらいの若い人でにぎわっていました。

映画上映でスナックとか食べる人が日本でも増えたと思います。まだアメリカほどひどくはないですが、だんだんとアメリカ並みの騒音に近づいてきています。
スナック菓子の包装を開けたり探る時のバリバリ音、むしゃむしゃポリポリ…。

正直にいうと、僕はこの音とともに映画を観るのは好きじゃありません。家でやってくれよと思う事しきり。

トレイラーはシン・ゴジラの時に観ていたので、男と女の中身入れ替わりものという古典的なアニメシチュエーションだとは理解していましたが、時空を超えて入れ替わりというのと、田舎と都会の対比など、とても面白かったです。
田舎の描写という意味では元が辿れなくなったという祭事が出てきて、口噛み酒の儀式とかとても面白かったです。
米で作る日本酒は、米のデンプンを糖分に変えるためにコウジカビを用いますが、コウジカビの技術が無かった時代に、口噛み酒といって米を人が口で噛んで、唾液のアミラーゼ(デンプン分解酵素)で糖化させたものです。酵母はおそらくその辺を飛んでいるものが勝手に入ったのでしょうけれども。

「君は僕に会いに来てくれていたんだ!」のあたりでうるっときました。

最近、映画で泣きやすいです。止める気もないのでどんどん涙を流して心を洗うことにしています。だから感動ものは手ぬぐい必須です。

この映画、良かったです。もう一回観にいっても泣けると思います。

上映前予告でスターウォーズが出てきました。日本公開は12月16日(世界同時公開かしら?)なので、おそらくボツワナに行った後に公開です。ハボローネの映画館で見られることを楽しみにしております。

starwars.disney.co.jp