読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラハリの夜明け - Masa a Kgalahadi: Dawn of Kalahari -

ボツワナにJICA SVとして派遣される記録

公用旅券

ここのところ不在で受け取れていなかった公用旅券と飛行機のチケットが届きました。
f:id:masataka2600:20161223173010j:image
公用旅券は日本の政府公用で海外渡航する際に使う旅券で、一般的な旅券と色が違います。具体的には一般旅券5年が紺、一般旅券10年が臙脂、公用旅券が松葉色(深緑)です。これ以外に外交特権をもつ外交旅券というものがあり、焦げ茶色の旅券になります。

JICAのボランティアも国の任務でボランティアになりますので、公用旅券になります。
一般旅券ももちろん大切なのですが、公用旅券は命の次に大切だと思えとJICAでは教育を受けました。公用旅券=公人なので影響力が大きいということと、JICAは外務省そのものではないことから、気をつけろという事なのでしょう。

 

僕がもらった旅券の官職には

SENIOR VOLUNTEER, JICA

と書かれています。がんばってきます!

 

JICAボランティアでもJOCVの旅券には渡航先が記載されており、記載されていない国への渡航は禁じられています。SVの旅券には

THIS PASSPORT IS VALID FOR ALL COUNTRIES AND AREAS

と記載されており、渡航制限がありません。

f:id:masataka2600:20161223173050j:image

これは大きな違いだと思いますが、任国外旅行でもそれほど遠い国や治安の悪い国に行く予定はありません。

しかしボツワナのJOCVは、隣国のナミビア渡航することが禁じられています。ナミビアのJOCVはボツワナ渡航することが可能です。同じような非対称性がラオスカンボジアなんかでもあります。ラオスからはカンボジアに行けない。

この渡航可能国の決まりについてはどのような経緯で決まっているのか、私は知りません。謎です。

 

旅行会社を通じて旅券やビザ、航空券の手配をすることがあまりないのですが、届いてみると至れりつくせりで、旅行代理店って便利ですね。

 

出発まであと2週間、まだ荷物はパッキングできていません。